超低解像度絵画モザイコ( The Ultra-Low Resolution Painting "Mozaiko" )は清水温度がやっている絵の活動の、2006年からの総称です。商品になったり作品になったりしながら、おかげさまで、どうにか続いてます。

モザイコ・プロフィール …… 商品分野
これまでの商品の概要は「Mozaiko」メニュ内 merchandising をご参照ください。

2006 フォーマット決定し「モザイコ」商標登録。初の商品(ぬりえ)を岐阜県美術館ショップにて販売開始。
2007 Active G にてモザイコを中心とした「ハイブリッドシミズ」展(主催:財団法人 岐阜県産業デザインセンター)。
2008 China International Industry Fair(中国/上海)JETROブースのユニフォームとしてモザイコTシャツ製作。
2009 名古屋市美術館・Bunkamura・兵庫県立美術館で開催された「だまし絵」展の特設ショップにて、モザイコ商品(額装画、バッグ、ぬりえ)販売。
経済産業省・関東経済産業局 主催「東京コンテンツ・マーケット2009」に出展し、TCMアワード審査員特別賞を受賞。
2010 商標「モザイコ」さらに4分野に登録。Hong Kong International Licensing Show 2010(中国/香港)にてパネル、ACE Fair 2010(韓国/光州広域市)にて映像とパネル展示。
2011 カタログ通販「ニッセン」春号にてメンズTシャツ販売。
2012 横浜大世界「トリックアート・ミュージアム」拡張リニューアル・オープンに合わせて大判モザイコ納入。
ジクレー版画と各種ミュージアム・グッズ(クリアファイル、リニューアル版ぬりえ、WARPカード)発売。
2013 BEAMS からTシャツ(メンズ/レディース)とトートバッグ発売。
2014 経済産業省 主催「クールジャパン・マッチンググランプリ」第3回 全国大会にてプレゼンテーション。
BEAMS からTシャツ(メンズ/レディース)の第二弾、発売。
2015 BEAMS からTシャツ(メンズ/レディース)の第三弾、発売。
日本商工会議所の補助金を受けて、超低解像度絵画の発展形ノウハウを「ULR Painting」として整理し、特許出願。
2016 特許(出願中)を海外向けにもPCT国際出願。


モザイコ / ULR Painting プロフィール …… 芸術分野

2014 03月「世界蜂起」展(東京:文房堂ギャラリー)に、超低解像度 Text アート出品。→ web
10月 初のアナログ絵画「Stencil Painting」連作3点、地元にて発表。→ media
2015 04月「再生される肌理Ⅲ」展(名古屋:アートスペースX)に、「Draw Paint Ing」出品。→ blog

2016

04月「ULR」展 @田口美術(岐阜市): 画家として初めての画廊個展開催。→ webblog
10月 2012年以来トレーニング代わりに描いてきた裸婦をまとめた「Beginner’s Luck」刊行。→ blog
2017 01月 三越(名古屋・栄)にて「ULR 超低解像度絵画展」開催。→ blog



モザイコ・マーク
2012年から、これになりました。何に見えますか?
四角が並んだこれ、じつは「モ」の字がネガポジ反転したもの。ちょっとした「だまし絵」的な遊びです。

清水温度(麗軌) プロフィール

1965- 岐阜県に生まれる。
小学校入学から高校卒業までに転校5回(いずれも県内)
1984- 千葉大学(工学部工業意匠学科)入学。
サウンドクリエイト研究会でシンセサイザーや多重録音に本格的に触れる。→ hobby
卒業研究は「平面の虚構性を強調する平面制作」
1988- 大学卒業し、凸版印刷(株)アイデアセンターに就職。
二年目(1989年)に、グリーンベレーと言われた「デザイン室」が創設され配属。メディアセンターや「写真150年」記念事業、展覧会「Ape Call from Tokyo」などに携わる。
 
1992- 凸版印刷を退社し、某大学院を目指して現象学的社会学などの勉強に励む。が、
1994- 学者をあきらめてフリーターに。さらに、
1997- 人生をあきらめて1997年の秋、岐阜にUターン。トホホ。3ヶ月の会社勤めのあとフリーランスに。1998年-1999年、受注仕事のかたわら 1年間「一日一枚」グラフィック自主制作。
 
1999- 岐阜県と凸版印刷、NECなどによる「デジタル・アーカイブ・アライアンス(DAJA)」の居候となる。
1999年8月、DOMUS Academy(イタリア/ミラノ)Summer Session に派遣され、海外でのプレゼンテーションのおもしろさを知る。
2000- 2000年4月、国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)に岐阜県奨学生として入学。→ 2002年3月、卒業。
2000年10月、University of Southern California(アメリカ/ロサンゼルス)にインターン派遣され、1ヶ月を現地大学で過ごしたあとアメリカをあちこち見てまわる。→ 帰国後、Rudolf Arnheim『Art and Visual Perception』をバイブルに、動く絵画の制作を試みる。→ 2003年にプログラミング停止。
2003- NPO法人となったデジタル・アーカイブ・アライアンス(DAJA)の、2003年4月から事務局長となる。
手当支給されながら、京都デジタルアーカイブ研究センター(当時)訪問を皮切りに先進地域のセミナー、シンポジウムなどをDAJA会員向けに取材。その後、各種助成金申請し、文化庁「文化芸術による創造のまち」支援事業(2005年)、ぎふNPOはつらつファンド助成「デジタルアーカイブを用いた地域ミュージアム振興事業」(2007年)等々、まちづくり活動に従事。
 
2006- みずから作家として自主事業「超低解像度絵画モザイコ」スタート。→ 以後、モザイコ・プロフィール参照。
2008- 2008年1月、NPO法人デジタル・アーカイブ・アライアンス(DAJA)代表となる。手当なし。→ 解散業務終了(2013年2月4日付にて清算決了)まで。
2012- 2012年2月、仕事場をそれまでのオフィスビル(ソフトピアジャパンセンター)から大垣市公設市場内に移す。同年5月、本格的な絵画制作のための準備として高校時代以来、数十年ぶりにカンバスに向かう。同年6月、作家名をそれまでの本名(麗軌/よしみち)から、フリーランス時の屋号に合わせた「温度(おんど)」に統一。
 
2014- 商品分野に加え、芸術分野でも作品発表を開始。

連絡先 /スタジオ

大垣市公設卸売市場内
〒503-0848 岐阜県大垣市古宮町161-A14 モザイコ
TEL/FAX 0584-47-7804 iPhone(清水温度)090-4087-0806

the ultra-low resolution painting "mozaiko" studio
161-A14 mozaiko, Furumiyacho, Ogaki-shi, GIFU 503-0848 JAPAN
TEL/FAX +81-584-47-7804


Blog : mozaiko lab.  Twitter : ondo0000